飛行機チケットを購入するなら格安航空券を買うのも手段!

 - 

05phbq01

飛行機券を格安で手に入れるなら、格安のサイト毎によっても値段が異なることも覚えておく必要があります。チケットを購入する方法は色々と旅行とかで買ったりする場合でも、格安サイトからかった場合でも同じ航空会社の同じチケットを買うのだとしても条件は変わることがありません。よって、色々と比べてみて安いと感じたチケットを選んでも、そのチケットが良くないということはないと言えます。比較をするなら、金額だけではなくマイレージや特典などにも注目をすることが必要なのです。

飛行機のチケットは、制限があればそれだけリーズナブルになることがあります。言い換えると、格安であれば制限のことです。どういった制限かと言いますと、例えば購入をしてしまったなら往路の日付を変更できないことが挙げられます。それに、復路分も日付が変更できない可能性もありますし、できたとしても変更のために高い手数料がかかってしまうことも考えられるのです。その他には、払い戻しができないこともあり得ます。この点にでは、天候不順による取り消しについて航空会社がどういったきまりになっているか確認しておくことが大事です。また、最小滞在日数及び最大滞在日数が規定されていることも考えられるでしょう。出発の何日前まで購入できるかといった、購入についての期限もあります。

格安航空券サイトで探して購入するチケットは、検索の際に往復と指定している場合を除いて片道の値段となっているのが通常です。行き帰りの両方を検索することもできるのですが、多くの場合で料金表示は片道のみなのです。それを見て安いのだと勘違いしていきなり予約をしてしまわずに、きちんと確認をするようにしましょう。

多くの格安航空会社でレシートをはっこうしてもらうことができます。格安の業者なので領収書の発行がないということもないので、安心して利用することができます。それでも、領収書の発行に郵送などに関わる費用がかかる場合もあることから、確認だけはしておくことが必要です。マイレージは格安航空会社の場合でも利用することができます。利用の際には登場手続きをするときに提示することになります。株主優待券(それぞれの航空会社の株を一定数買うと貰えるもの)については、無記名になっていて株主の方以外にも利用することも可能なのでどなたでも利用できるので、どんどんとご活用になることも手段の1つです。

PR:【沖縄旅行の格安航空券はスカイチケット


格安航空券はどうやって手にして空港でどうチェックインするの?

 - 

飛行機チケットを格安で入手した場合の、受け取り方法や空港でどう利用するべきかという点についても疑問に持たれる方もいらっしゃるでしょう。JALやANAなどといった大手航空会社やスターフライヤーやソラシドエアなどの場合は、国内航空券のみであればチケットレスとなっています。出発当日に空港でチケットを受け取る仕組みになっているということです。メールかFAXにおいて、航空券の引き換えに必要な確認番号や予約番号を教えてくれるでしょう。checkinについては、まず受けつけで確認番号を伝えます。それから自動checkin機で確認番号を入力してcheckin手続きをするのです。自動チェックイン機がない空港では、チェックインカウンターでの手続きになるでしょう。checkinをするためには、出発の予定となっている時間の20分ほど前には空港を訪れるようにしましょう。

続いてSkymarkを利用される場合には、メールかFAXで『航空券引換証』が送られます。checkinには2種類の方法があります。自動チェックイン機に引換証に付いている二次元バーコードをかざしてcheckinを済ませます。もう一つの方法は、チェックインカウンターで引換証を提示する方法となります。Skymarkの場合も他と変わらずチェックインは出発の20分前までに空港においでください。

ジェットスターやPeachでは予約番号がメールもしくはFAXで送付されます。こちらも自動チェックイン機かでチェックインを行う方法が採用されています。どちらも予約番号が必要になるということです。こちらの場合は、出発30分前までにcheckinを済ませるようにしましょう。Peachに関してはコンビニでチケットを購入することができるようになっています。利用できるコンビニなどであり、購入できるチケットは、国内線もしくは日本発着の国際線に限るとされています。

格安航空券を購入際には、格安航空券サイトの利用条件をよく確認がなくて大事ですし、制約についても不明があるとしんぱいなのできちんと把握しておきましょう。中には予約を変えることができないケースやとりけし料はどうなっているのか、払い戻しについてもチェックをしておくことも必要になりますので、怠らないことがポイントになります。運賃の払い戻しは、医師の診断書があると特別に手数料をかけることなく払い戻しができるケースもあります。


格安航空券を利用!そのメリットとデメリットとは

 - 

格安で飛行機チケットを購入する場合にも良い点があれば難点もあるものです。その点を把握してお得に飛行機チケットを手に入れましょう。まずはデメリットについてご紹介します。格安航空券を利用して旅行に行けるのなら大変にお得と言えます。通常の航空券よりもとてもリーズナブルな価格になりますが、これはtourの値段をそれぞれ『バラ売り』ということで売られているものと同等と考えることができます。航空会社が安くする目的は座席を埋めることにもあるわけですが、やすくなるとはかぎりません。

安くなる仕組みは、旅行会社側がその会社の利益を減らしても座席を埋めようとすることにもあります。そういったことがあるので、値段が幾らになるかと言う点は旅行会社次第ということになるのです。ということは、いつであっても変更ができるので、自身が購入したときが最安値であるかはわからないというのがポイントになります。売れ残っているなら、売れるまで売ろうとすることから、期限間際だとより安いということも考えられるでしょう。また、払い戻しや座席変更などができないことがありますし、マイルの加算もないと言えます。

続いてはメリットについて考えていきましょう。コウクウケンの値づけを決める際には、需要と供給が関係してきます。チケットを入手したいと言う方が多ければ、それだけ値段は高くなるのです。欲しいと考える方があまりいない値段であれば、段々と値段が下がっていき、いずれは適正な金額になっていく。格安のチケットであれば、旅行会社が販売を行っていると言う点に着目をする必要があります。ということは、パックとして販売していた航空券が売れ残ったため、不特定者に買ってもらうことを目的として、値段を下げて販売をしているということなのです。

旅行会社にしてみれば座席が空いていれば収入にならず赤字になってしまう可能性もあります。リーズナブルになったとしても席を埋めることができるのならば、旅行会社にとっての損失にはならないでしょう。そういったことがあるために、格安航空券は時間が経てば経つほど値段が下がっていくのです。OFFシーズンなどには少し安くしたくらいではチケットが売れないので、大幅に値下げがされることも格安航空券を利用するメリットとなるのではないでしょうか。ゴールデンウイークや正月などは旅行者もたくさんいますので、航空券は値引きにならないことが多いですが、それ以外の季節に旅行ができるなら、OFFシーズンを利用することも手段の1つなのです


できるだけ安く!航空券をお得に入手するためにすべきこととは

 - 

できるだけ、航空券を安く買えればと考えることがあるでしょう。そういった場合にはどういったことをするのが適しているのでしょうか。まず、火曜日や木曜日、土曜日のいずれかの日程であるチケットを購入することが安く入手するポイントです。これらの曜日がリーズナブルになっていることが多いからです。また、目的の街から少々離れた場所の空港も範囲として考えることも手段の1つです。最初に少し離れた空港の航空券を購入し、当日はその空港からシャトルバスなどで移動をするということです。

また、一度大きな空港まで飛んでから、それぞれの地域のフライト分は格安航空券を購入すると言う手もあります。これは海外旅行に特に使える方法と言えますが、例えばヨーロッパ方面に行くのであればロンドンのHeathrow Airportまでフライトし、そこから他の地域に向けて利用するというということも可能なのです。さらに、直行便だと利用者にとっては移動が楽なのですが、値段は高めの設定になっていることがあります。よって、もし急いで移動をする必要がないのであれば、乗り継ぎのできる便を探すことで、格安で航空券を入手できる可能性があるでしょう。また、安い航空券を購入する際の鉄則は早めに予約をするということです。予約は早くしても問題はありませんし、安い席から航空券は売れていきます。そういったこともあるため、旅行に出発すると考えている2か月から3か月ほど前に予約をすることも選択肢なのです。

航空券は、時間帯によっても安くなること。早朝の6時頃や夜遅い11時頃に搭乗することを考える方もあまりいないので、この時間帯に出発する便は安くなっていることが考えられます。また、エアカナダなどの航空会社では、マイレージを放棄すると値下げをしてくれる可能性もあります。利用を検討する航空会社でこの様なサービスがないか探してみるのも一案です。

コードシェアと呼ばれる、航空会社の間でフライトのシェアがされないかと言う点もポイントになります。この仕組みは多く行われているものですが、2社が共同でチケットを販売しますが、満席にならなければどちらかがフライトを行うのです。フライトを行う会社のみが安くなる傾向にありますが、実際にどうであるかと言う点は、航空会社に確認をすることが必要です。この様に、色々と航空券を安く入手する方法はありますので、お試しになってみてはいかがでしょうか。


ANAではお得なチケットを用意している!

 - 

ANAを利用してご旅行をされる方もいますでしょう。国際線を利用する際には割引でエコノミークラスのエコ割りとビジネスクラスのビジ割りといったものがありますが、これらにも異なった料金タイプがあります。その料金タイプ次第で、空席状況や事前購入時期等、そして有効期間などといった航空券規則にも違いがあるのです。ANAでは、ホームページに限って旅行会社で買ったりするよりも安く入手できる『直販ウェブ割引航空券』というチケットを用意しています。

エコノミークラスの割引価格種別は、スーパーエコ割り3(スーパーエコ割、エコ割14、エコ割7)とスタンダード、premiumlight、プレミアムとなっています。ビジネスクラス割引料金では、スーパービジ割28(スーパービジ割7、ビジ割14、ビジ割)という運賃種別に分かれています。それぞれの航空券規則については各種別の運賃規則を確認することで把握することができますが、運賃の種別名からどの様な種類であるのかを図ることもできるでしょう。

まず、スーパーと名称に付く場合は最安値の航空券であるということが考えられます。往路が日曜日以外であり復路については土曜日以外、かつ旅行が土曜日を跨ぐ場合となっています。しかし、他社が運航しているコードシェア便については利用ができません。

さらに、名称に数字が付いている場合がありますが、こちらは事前購入の期限を表しています。14と付いているケースでは14日前まで購入可能ということです。3ならば3日前まで購入できますので、ギリギリでも大丈夫ということになるのです。中には数字がない種類もありますが、そちらは明確な期限がないので出発の前まで購入することができるでしょう。注意したいのは、ネットでの購入に関しては前日か当日の出発6時間前までとされている点です。

ANAのHP限定となっている運賃もあります。割引運賃よりもさらに安くなっていますし、ANAのホームページのみで購入をすることができるでしょう。この方法で入手したチケットは、スーパーエコ割りWEBと運賃の後にWEBと記されます。この様に、ANAではお得なチケットがあることも把握しておくことも大事です。格安航空券は、購入する際に往路便と復路便の日付や経路指定、予約をする必要があります。それに、往路便の変更は基本的に不可能なものが多いということも覚えておきましょう。ご旅行の際の参考になさってください。